« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年4月3日 - 2016年4月9日 »

2016年2月14日 - 2016年2月20日

2016/02/17

バレンタインは突然に

雨降りバレンタイン翌日の月曜日。

何だかんだで誰かくれるかな~と淡い期待を抱きつつ、保育園に迎えに行ったボク。

チョコ、もらえた?

こそっとコーキーに聞いてみた。

結果は…

NO…(´・ω・`)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そっか…。

もうそれ以上、チョコについて触れるのはやめといた。

保育園の保育士さん達にも、コーキーの切ないバレンタインエピソードは伝わった様。

無言で抱きしめてくれた保育士さんもいたそうだ。

なんてステキで温かい保育園なんだろう。

そして、コーキーは愛されているんだろう。

ボクは幸せを感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから2日経った今日、

奇跡が起きた。

神様っているのかもしれない。

いや、いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0001保育園から帰宅し、嫁さんがリュックを開けたら、見慣れない紙袋が入っていたそうだ。

なにこれ?

コーキーに尋ねても心当たりない様だったそう。

袋の中身は…

・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0016ハイ。

チョコとお手紙だった。

え?

え!?

驚きつつ、嬉しくて堪らない様子のコーキー。

切ない想いをしたからね。

それにしても、なんてステキなサプライズなんだろう。

一生懸命書かれた手紙がまたステキすぎた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0017こうきくんへ

にちようびは、ゆうゆう(待ち合わせ場所の公園)に

いけなくて ごめんね。

わたしたかった ちょこです。

たべてね。

なまえは はずかしいから

かきません。

さくらぐみの

おんなのこ

より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0002今日は、三日遅れのハッピーバレンタイン。

今日は、身内以外の女の子にチョコを貰った人生初の日。

今日は、女の子にラブレターを貰った人生初の日。

今日は、父親であるボクも嬉しくて嬉しくて堪らなかった日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

遅番終わって帰宅すると、コーキーはいつも通り、優しい顔で寝入ってた。

いや、いつもより少しだけ幸せそうな顔で寝入ってた。

スヤスヤと寝入ってた。

良かったね。

良かったなぁ。

嬉しいなぁ。

誰だか分からないけど、優しい女神さま、ありがとね。

我が家に幸せが届きました。

| | コメント (0)

2016/02/15

雨降りバレンタイン

今年のバレンタインは日曜日。

ボクにはどうでも良いけれど、保育園児のコーキーにとってはどうでも良くない。

金曜日にクラスでこんな話になったらしい。

わたしは皆にチョコあげる。

コーキーのクラスの男子は5人だけ。

とある女の子がその5人にあげると宣言したらしいのだ。

でもバレンタインは日曜日、どうやって渡そうか。

そこで先生も話に加わり、どうしてもあげたい人は、保育園近くの○○公園でってコトになった。

ただし、お母さんに許可を貰った人だけ。

時間は3時になったらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰が来るのかな~。

○○ちゃんも来るかな~。

嬉しそうに話すコーキーだった。

話を聞いたボクたち家族は全面的に応援するコトに。

土曜日も一日中、その話で持ち切りだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして日曜日のバレンタイン本番。

午前中、何度も時間を気にするコーキー。

今何時?

3時まであと何時間?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし残念ながら外は雨。

全国に悪天候だった。

そしてインフルエンザが蔓延してて、クラスの仲良し男子二人も共にダウン。

こんな状況で律儀にチョコを持ってくるコなんているんだろうか。

こんな状況で律儀にチョコを貰いにいくコなんているんだろうか。

いや、クラスのどの程度の範囲で盛り上がった話か分からないけど、言い出しっぺの女の子を含めて何人かは来るでしょ。

ボクたちはコーキーを奮い立たせた。

そして、とりあえず雨が止むコトを願った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0016コーキーの想いが天に通じたのか、午後になり雨は止んだ。

金曜日に好きな男子に早々チョコを手渡したそらネェは、完全にネェさん的立場。

身内以外に初めてチョコを貰えそうな弟を全力で応援すると誓い、服装のチェック。

そして念入りに髪の毛をセット(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv00175分前に公園に到着したボクたちは、チューの顔の練習をさせたりして盛り上げた。

そして、コーキーを公園に残し、少し離れた場所から眺めるコトに。

誰が来るかな~。

女子が一人も来ずに男子だけ集まったらウケるねぇ、とか言いながら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

駐車場に車が入ってくる度に、ボクとそらネェは盛り上がった。

お!

 

お!!!

 

来た来た!

 

誰が乗ってる!?

・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0018しかし、病院に併設されたその公園駐車場に入ってくる車に、見慣れた女子や男子は乗ってなかった。

5分が経ち

10分が経ち

15分が経ち…

とうとう誰一人として公園には来なかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0019そんなコーキーと一緒に遊びまわるそらネェ。

きょうだいっていいなぁ~。

しみじみとそんな風に思った。

そのうちに雨が降ってきて、ボクたち家族は帰るコトに。

・・・・・・・・・・・・・・・・
Conv0020コーキーとボクは男二人でドライブに出かけた。

車中、男同士のおしゃべりをするコトに。

女子って訳分からないよなぁ。

 

一人くらい来るよな、普通。

 

でも、コーキーはホントに優しいし、イイ奴だよ。

 

父ちゃんが女子だったら、絶対コーキーみたいな男の子に惚れるなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・

父と息子のなかなかステキな一時だった。

さぞ落ち込んでるかな~と思いきや、前向きなコーキー。

お母さんが良いって言わなかったのかも。

雨降ったしねぇ。

インフルエンザになっちゃったかなぁ。

あ、でも明日くれるかも(笑)?!

・・・・・・・・・・・・・・・・

父と息子の絆がまた少し深まった気がする。

がんばれ!コーキー!!!

明日も一日笑顔で過ごせますように(*^-^)

てか、クラスの女子!誰かよろしく!!!

| | コメント (0)

« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年4月3日 - 2016年4月9日 »