« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016/04/21

第18回長野マラソン後編~様々な想いと共に~

スタートの号砲前、熊本地震で尊い命を失った方々への黙とうが行われた。

ざわついていたランナーたちが1分間、静かに目を閉じる。

興奮と高揚感に包まれたスタート会場が静寂に包まれた。

熊本からエントリーしていたランナーは出走を断念したそうだ。

走れるのは、平和や安全があってこそ、決して当たり前のコトではない。

一万人近くのランナー全てがそんな風に感じたに違いない。

被害に会われた全ての方の生活が、一刻でも早く元通りになるコトを祈るばかりである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0056スタート前、子ども虐待防止のシンボルであるオレンジリボンの啓発活動を行った。

フェルト生地を切って作成したバッジ式のオレンジリボンは200個。

作成は、ボクが勤める児童養護施設で生活する高校生の女の子が手伝ってくれた。

Conv0057配布は、昨年から一緒に活動している施設職員、そしてかつて同僚だった後輩が手伝ってくれた。

1万人近くのランナーに対して、たった200個、されど200個。

Conv0058趣旨に賛同してくれたランナーたちに、あっという間に配るコトが出来た。

この活動をしたからってすぐに虐待が無くなったり、社会が変わる訳じゃない。

そんなコトは重々承知している。

でも小さな活動を重ねていけば、沢山のエネルギーが集まり、次第に大きな力になっていくコトを実感しつつある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv00608時半、様々な想いを胸にスタートを切った。

花粉症薬による体調不良は改善するコトはなく、何となく身体はだるい。

でも鼻たれランナーにはならずに済みそうだ。

心配された天気は曇り空、でも自転車が倒れるほどの強風が吹いている。

まぁ雨のスタートじゃないだけで充分だ。

与えられた状態でいかにベストを尽くすか。

それがマラソンだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長野マラソンは沿道の応援が本当に素晴らしい。

多くの方が声援だけではなく、ハイタッチで応援してくれるのである。

善光寺の参道を駅に向かって駆け下りていく辺りなんて、本当に感動的だ。

ボクは、可能な限り、ハイタッチに応えながら走ると決めている。

そんな沿道の皆さんやボランティアスタッフに支えられながら、ボクは快調にゴールを目指した。

あれ?意外にイケるかも。

すごいぞ、みんぺ~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう思えたのも途中までだった。

むむ!

20キロ前後から降り始めた雨、そして強烈な風。

むむむむ!!!

天気さえ良ければ最高に気持ち良いはずの五輪大橋の上は、まさに地獄絵図。

むっひょ~~~!!!

風通しの良い橋の上なので、横殴りの暴風雨で前に進むのが必死だった。

むひゃひゃひゃひゃ~~~!!!

こんな状態であと20キロ近くも走れるんだろうか。

暴風警報まで発令されたらしい。

これはマラソンというより、もはや修行である。

でも、そんな悪天候の下、立ち続けている沿道の方々、ボランティアの方々、そして一緒に走っている多くのランナーがいる。

Conv0063負けるな、みんぺ~!!!

止まるな!進め!

てか雨よ、やんでくれ~!

・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0051そう自分を奮い立たせながら走り続けていたら、30キロ辺りからは、雨もやみ、ついには青空が出てきた。

なんて気持ちが良いんだろう。

暴風雨の後だから尚更そう思う。

フルマラソンって苦しいけど楽しいな~。

知人の応援などもあり、ぐんぐんとペースアップするボク。

Conv0061昨年末、天国に旅立った親友からも、いつも通りリストバンドを通してエネルギーを貰えた。

ありがとう。

このままゴールまで行けるに違いない!

すごいぞ、みんぺ~!

一気にゴールを目指すんだぁ~~~!!!

・・・・・・・・・・・・・・・

しかしそんなに甘くないのもフルマラソン。

ゴール前数キロで、突如、右膝が痛み出した。

おっと、またこのパターンかよ。

痛っ、いってぇよぉ~~~!

負けるな、みんぺ~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0062



GOAL!!!

最後は例のごとく、半泣きで足を引きずりながら…といういつも通りの展開。

Conv0054タイムは目標としていたサブフォー(4時間を切るコト)はならず、4時間22分くらい。

まぁベストを尽くした結果なので満足はしている。

よく頑張りました~ヽ(´▽`)/

一緒に走った仲間たちも皆、完走を果たした。

Conv0055みんな、お疲れさま。

大会運営スタッフの方々、ボランティアの方々、悪天候なのに沿道で応援して下さった方々、おかげさまで元気にゴールできました。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オレンジリボン啓発活動の成果は…

リボンを付けて走っているランナーを見かける度に声を掛けたり、反対に声を掛けられたり…

ゲストランナーとして走っていた高橋尚子さんにリボンを付けてもらったり…と、小さな活動の反響と手応えはそれなりにあった。

スタート前のアップや準備もままならなくて大変だったけど、頑張った甲斐はあったって訳だ。

Conv0059翌日の朝刊には、そんな活動の様子が掲載された。

今後も、無理のない範囲でマラソン大会での啓発活動をしていきたいと思う。

リボンを付けて走って下さるというランナーの方、一緒に配布を手伝ってくれるって方、その他、この活動に興味や関心がある方、連絡お待ちしています。

昨年同様、11月3日に、オレンジリボンをたすきに見立ててリレーするイベントを長野県内で開催予定です。

つなごう、子どもの笑顔!

| | コメント (0)

2016/04/19

第18回長野マラソン前編~2つの懸念材料~

3回目の出場となる長野マラソン。

30代最後にサブフォー(4時間切るコト)を目指すぞ!と意気込んでいた。

フルマラソンへの挑戦も今回が5回目になるし、失敗経験も含めた経験値もそれなりに積んできた。

しかし、年度末は公私共に忙しく、体調を崩してしまったり…で、思うように練習を積めず。

まぁなるべく楽しく走って、笑顔でゴールするコトを目標に…。

・・・・・・・・・・・・・・・・

とは言え、今回、懸念材料が2点あった。

1点目、花粉症。

花粉症の症状が酷いボクは、昨年、一昨年と注射をするコトでこのシーズンを乗り切ってきた。

しかし、昨年は長野マラソン直前に打ったコトで、ゴール前に意識もうろうとなり、明らかに体調が悪かった。

注射だけが原因ではないと思うけど、あれだけ劇的に効果があるってコトは身体に何か良くないコトが起きていたに違いない。

ステロイド注射な訳だし、打たずに済むならその方が良いはず。

その他、精神的にも何となく不安定になったりだったので、今シーズンは注射をせずにいくコトに決めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そしたら…あれ?意外に平気かも。

何とかなるかも。

病は気から、まさにそんな感じ。

それなりに症状はあったけど、重症化はしなかった。

よし、長野マラソンもこの調子ならいける。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そう思ってたら長野マラソン直前の金曜日に突然重症化。

ダラダラと水のように流れる鼻水、そして止まらないくしゃみ。

こりゃヤバい。

こんなんでフルマラソン走れる訳がない。

あまりにひどいんで、見るに見かねた義母が薬をくれた。

薬を飲むとそれなりに効くんだけど、人並み以上に激しい眠気と全身倦怠感に襲われるボク。

当日、案の定、花粉症の症状は落ち着いたけれど、体調不良に陥った。

頭がボーっとして微熱っぽい。

世の中の花粉症重症ランナーたちはどうやって対策してるのでしょうか???

・・・・・・・・・・・・・・・・・

懸念材料の2点目、天気。

自他共に認める悪天候男のボク。

そんなボクが張り切り、移動すると天気が崩れる。

過去の雨実績(?!)も充分。

なので、天気のコトは気にしないように心掛けた。

張り切らないようにもした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0049だけど、当日、9~12時の降水確率80%というミラクルな予報を叩きだしてしまった。

スタートは8時半。

今思うと、開会式やスタート前に天気が持っていたのも予報通りという訳だ。

結果的には、雨だけではなく風まで…。

ランナー、そして関係者の皆様、ゴメンナサイ。

雨が降ったのはボクのせいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな訳で、3回目の長野マラソンはスタートした。

つづく。

| | コメント (0)

2016/04/04

父ちゃんたちの晴れ舞台

Conv0006卒園式の後は卒園児、先生方、保護者参加の謝恩会。

会食しつつ、先生方の発表、お母さんたちと卒園児たちからの発表、役員の方が編集してくれたVTRを楽しむ。

Conv0008まぁ例年だとそんな感じだけど、今年は父ちゃんたちが立ち上がった。

昨年、秋の運動会で感動した子どもたちの組体操を完全再現しちゃおう!

そんなアツい志に賛同してくれた有志が集まり、飲み会、いや厳しい練習Conv0013を重ねてきた。

それぞれ仕事もあり、各自調整しながら集まって飲む、いや、練習をするってかなり楽しい、いや、大変だった。

直前は週に2回も集まったので、本当に大変だった。

本当に(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幕の向こうで円陣組んで声出す父ちゃんたち。

絶対勝つぞ~!

おぉ~~~!!!

何が始まるの???

そんなざわつきに会場は包まれた。

そして開幕。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

完全再現なので、衣装はもちろん、髪型も各自の息子、娘をイメージしたものに。

女子が多いクラスの中、丸坊主のコーキーを再現したボクは逆に目立っていたかも。

演技前、クラス担任からの点呼、もちろん子どもの名前で。

Conv0034そして隣の女子にちょっかいを出し、叱られるコーキー。

ボクはあんなコトしないよ。

そんなクレームが届いたのは…ここだけの話。

Conv0036運動会の時、簡単そうに見えた演技も実際にやってみるとまぁ大変。

慣れない動きの数々に悲鳴を上げる父ちゃんたち。

Conv0037うぅ・・・あぁ・・・。

最後はピラミッドを組み、感謝の想いを伝えた。

感謝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0038演技後は担任の先生のもとに「センセ~」と駆け寄り、感動のフィナーレ(たぶん)。

自己満足感100%の発表だったけど、会場は盛り上がってたし良かった良かった。

今回の発表のために集まった父ちゃんたち。

「さくら組体操部」と称し、先日、ただの飲み会、いや、真面目な反省会を開催した。

妙な結束感が生じたメンバーでの集まりは、かなり楽しい。

これからもしつこく反省会を重ねていく予定(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0039職業や年齢を越えた「友達」に出会えたコト、幸せだなぁ~。

改めてステキな保育園に出会えたコトに感謝感謝です。

さ~て、次は数日後に控えた小学校の入学式での保護者代表挨拶…まだ何も考えてないけれど楽しもうっと。

| | コメント (0)

卒園おめでとう

地元密着、宗教法人経営の民間保育園。

歴代の保護者会長は、地元出身者ばかり。

そんな保育園の保護者会長になった津軽出身のボク。

え?ボクでいいの?

初めに声を掛けられた時は素直にそう思った。

最強悪天候男の名に恥じるコトなく?、就任中は雨に関する話題に事欠かなかったボク。

それでも保護者役員の皆様や先生方、子どもたちの協力もあり、本当に楽しい一年間だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな充実した保護者会活動のフィナーレを飾るのが、卒園式での保護者会長挨拶。

天気の心配はあまりなかったけれど、今年は代わりにインフルエンザの嵐が猛威を振るうコトに。

卒園式直前まで卒園児、保護者が次々と発熱。

数日前まで学級閉鎖に近い状況(保育園なので閉鎖には出来ず「自主登園」という扱いになる)だった。

しかし、インフルエンザにかかるコトなく、体調を崩すこともなく、心身ともに元気に過ごせていた我が家。

さすがは保護者会長ファミリー!

インフルエンザなんて、「かかるわけがない」っていう強い気持ちが大切なんすよ!

なんて、偉そうに語るボクだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

卒園式での大役を終え、ホッと一安心して発熱…まぁ頑張ったもんね。

会長!お疲れさま!

…と、それなら多少の美談になるものの、トラブルメーカーみんぺ~は一味違う。

あろうコトか、卒園式当日未明に38度を超える発熱!

おいおいこのタイミングかいっ!

午前3時に解熱剤を飲み、天にも祈る気持ちで、家族とは別室、寝袋に入って寝るコトにした。

卒園式に、保護者会長が体調不良で欠席なんてネタにもならない。

結局、高熱で寝付けず、ようやく朝6時頃にウトウト…そしてあっという間に朝を迎えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

解熱剤の効果あったのか、幸い熱は下がってた。

ホッ。

薬で頭がボォーっとしつつも、挨拶は無事に終えるコトが出来た。

「神殿」と言われる独特の緊張感に包まれた会場での厳粛な式。

体調最悪だったコトもあり、紙を見ずにアドリブで挑むだけの勇気はなかったけれど、ボクらしい挨拶にはなったんじゃないかと自負している。

保育園や先生方への感謝、素直に大好きな気持ち…そして卒園児たちには「だいじょうぶ」という言葉を贈った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう30年以上も前になるけど、小学校に入学する前のボクは、不安で押しつぶされそうだった。

引っ越してきたばかりだったので、年上の友達もいなかった長男のボク。

そんなボクにとっての小学校のイメージと言えば、テストで0点をとってママに叱られる、先生に叱られて廊下に立たされる…

そう、ボクがイメージした小学校生活は、ドラえもんの「のび太」だったのである。

繰り返し歌わせれる「友達100人できるかな~♪」もプレッシャーでしかなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0023そんな当時のエピソードを引き合いに出しつつ、卒園児たちに「だいじょうぶ」という言葉を贈ったのである。

楽しみだけでなく、不安も一杯の子どもたち。

Conv0024沢山の大人たちに「だいじょうぶ」と言ってもらって、ギュッと抱きしめてもらって欲しいと伝えた。

薬で頭がボーっとしていたので、涙のメッセージにはならなかったけれど、一生懸命心を込めて考えた内容ではあったので、保護者の皆さんや先生方からの反響はなかなか良かった。

Conv0026体調万全で迎えられなかったのは心残りだけど、会長としての役割は果たせたかな~。

園児の皆さん、そして我が息子コーキー、卒園、本当におめでとう。

関係者の皆様、本当にお世話になりました。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »