« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015/05/29

雨神サマ

Conv0001干ばつで苦しんでいるアフリカの村とか行けば、神様として崇められるんじゃない?

全くつながりのない3人から、そんな風に言われる人ってそう多くないのでは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクは自他共に認める雨男だ。

今や、雨だけでなく、雪、台風なども専門とする悪天候男に進化?した。

科学的にはそんな訳がないなんて百も承知だ。

でも、旅行、遠足、結婚式、祭り、帰省…様々な晴れて欲しい日を悪天候にしてきた実績がある。

数々の結婚式をボクが出席したばかりに、雨を降らせてしまい申し訳なく思っている。

新婚旅行では、年に数日しか雨が降らないという地中海に浮かぶ島を選んだのだけど、当たり前のように雨が降った。

初めてヒッチハイクした日も、初めてフルマラソンに挑戦した日も雨だった。

そんな雨エピソードを上げていったらキリがない。

うーむ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクが晴れて欲しいと強く願うほど、天気が崩れる。

責任ある立場になればなるほど、天気が崩れる。

しかし、天気のコトをあまり考えずに当日を迎えると、そんなコトもない。

うーむ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○月○日って、みんぺ~さんどこか行く予定ありますか?

え?

別にないよ。

あぁ良かった~。

そんな会話をしたコトも少なくない。

何か予定を立てる時、天気予報だけでなく、みんぺ~の予定を確認すれば確実だと噂されているとか、されていないとか…。

うーむ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0003いったいどんなメカニズムなんだろうか。

ボクの身体から局地的で強烈な低気圧が発生しているんだろうか。

全くもって謎である。

うーむ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年度、コーキーが通う保育園の保護者会長になったボク。

入園式はもちろん雨。

年度初めの総会での会長挨拶では、前もって謝罪しておいた。

本気の雨男です、と。

いやいや、そんなコトを言っといて結果的には天気に恵まれた。

良かった~!子どもたちのおかげです!

なんて言おうとしていたのに、先日の親子遠足でも雨が降った。

少しだけ公園で遊べたのが救いだったけど、昼までに回復していくという予報に反して昼前に降ってきた雨。

結局、お弁当も室内で食べた。

Conv00056年ぶり?となる5月の台風直撃をまぬがれ安心していたのに、遠足当日だけ、しかもその時間帯だけ雨が降るなんてコトがあって良いのだろうか。

そして、午後からはこれでもかってくらい晴れた。

いやいや、そういうコトが今までも多すぎて、特に驚かない。

うーむ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年度、保育園行事の夏祭り、運動会が控えている。

ネタとか要らないから、本気で晴れて欲しい。

いや、贅沢は言わない。

曇りで良い。

いやいや、外で出来る程度なら何でも良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクが責任を感じ、張り切れば張り切るほど、天気が崩れるコトは分かっているので、そのさじ加減なんだろう。

行事当日まで、一見、無責任、無関心、無気力な会長でいても怒らないで欲しいと思う。

いったい誰がどこでボクを監視しているんだろう。

うーむ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、ボクの誕生月が何月だか知っていますか?

はい。

来月です。

バリバリの梅雨男です。

Conv0002生まれた時から「雨神サマ」になる運命だったかもしれません。

ついでに言うと、イニシャルもAMなんでAMEっぽい。

おっと、こんな内容のブログを書いていたら空が曇ってきたぞ。

そんな訳で…

全国の皆さん、今後も色々とご迷惑をおかけします…。

雨が降ったらみんぺ~を思い出して下さいね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓気が向いたらクリックよろしく↓

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 児童養護施設・乳児院へ
にほんブログ村

クリックで救える命がある。    

| | コメント (0)

2015/05/20

20周年記念OB会~番外編『同じジャンル』~

先日開催された、ヒッチハイク部のりこみ隊OB会でのこぼれ話を一つ。

それなりに代を重ね、伝統あるサークルになると、創始者が実物以上にレジェンド化されていくってのは、前回書いた通り。

ボクが卒業して何年か経った時、ボクと似た新入生が入部したという噂が耳に入った。

ボクと似た種類の顔(!?)をしていて、ボクより少し背が低い彼。

ボクを知っている後輩からすぐにこう名付けられたらしい。

こみんぺい…(ー_ー)!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう10年くらい前になるかなぁ。

一度、その彼には会ったコトがある。

確かに、雰囲気は似ていた。

そっくりだとは思わなかったけど、同じジャンルというか、なんというか。

うん、確かに、こみんぺい、だな。

そう思った覚えがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクの顔は割と個性的だ。

世の中にあまり多くはいないはずなのに、アフリカでも南米にも、ん?似てる?と、ボク自らが思う人を見かけた。

みんぺ~は世界に通じる顔なのかもしれない(笑)

そんな個性的な顔だからこそか、一度ボクに出会った人が、ボクに似た容姿の人を発見すると、ボクに連絡せざるを得なくなるらしい。

これまで、人間、動物、絵…色々なそっくり情報が寄せられてきた。

先日は青森でボクが笛を吹いているって情報も。

Conv0001写真を見ると、確かに同じジャンルのおじさんが笛を吹いていた。

うむ、そこにもいたか。

Conv0004そういえば南米チリのサッカーチームにもいたしなぁ。

うんうん、いたいた。

同じジャンルの人が。

まぁ「こみんぺい」もそんな一人だったって訳だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなやつがいてさ~

今日は来てないけど、あいつ今どこで何してるんだろ~ね~

酔っぱらいながらそんな話をしていると、まさかのサプライズ!

急にその彼が背後から登場したのである。

しかもホテルスタッフとして。

本気でビックリした…ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんと彼は偶然に、本当に偶然に、会場となっていたそのホテルで働いていたのである。

そして偶然にも、彼の話をしていた時に、登場してきたって訳だ。

そんな奇跡的なコトってあるんだろうか。

会場を決めた幹事の後輩ですら、そこに彼がいるコトを知らなかったのである。

すっげー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0003みんぺい&こみんぺい

時空を超えた奇跡のツーショットである。

そんなサプライズ的な再会を果たした彼とボク。

仕事を終えて2次会から合流した彼とは、3次会まで一緒に飲んConv0002だ。

あぁ楽しかった。

人生の大きな転換期にいる彼。

大切な後輩の一人、同じジャンルの一人である彼の幸せを願うばかりである。

がんばれよーーー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに…こみんぺいに似た後輩がサークルに入ったりしたらどうなるんだろうか。

二度あるコトは三度ある訳だし。

こみんぺいジュニア?

こみんぺい二世?

ここみんぺい?

みんぺ~3?

三代目みんぺ~ブラザーズ(笑)?!

ややこしっ…(゚д゚;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓気が向いたらクリックよろしく↓

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 児童養護施設・乳児院へ
にほんブログ村

クリックで救える命がある。    

| | コメント (0)

2015/05/11

20周年記念OB会

Conv0008ヒッチハイク部のりこみ隊。

今から20年前、大学一年だった時に友人と立ち上げたサークルだ。

スマホはもちろん、携帯電話も一般化されてなく、Windows95の登場でようやくインターネットが一般化され始めた。

用があれば家電か公衆電話を使うしかない。

SNSってなんだこのやろー(゚д゚;)

ポケベルがあれば十分じゃないかっ!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…と、そんなアナログ時代だったので、現代の様に、ネット上でのつながりなんてない。

キャンパスには学生が溢れていたけれど、気が合うかなんて話してみないと分からない。

「リア充」なんて言葉はもちろんなく、全てが「リアル」だったあの頃。

当時の学生が、同じ趣味の友達を見つけ、大学生活を「充実」させるには、何らかの「サークル」に所属するコトが欠かせなかった。

入学式では、多くのサークルから勧誘のビラを配られた。

伝統、知名度共にある人気サークルもあれば、友達同士が勢いで作り単年で消滅していくサークルも。

Conv0014当初の「のりこみ隊」は、後者になる可能性大だった。

なんてったって、メイン活動がヒッチハイクのサークルですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、創部したその年に「猿岩石」がブレークし、「ヒッチハイク」を扱ったバラエティ番組をテレビで見る機会も増えた。

おっ?

全国の大学でも同様のサークルが立ち上げられた。

おっ?

実際にヒッチハイクをする人は多くなかったかもしれないけれど、一つの「流行り」だったのかもしれない。

ふむふむ。

とは言え、スポーツや音楽活動ならまだしも、「ヒッチハイク」を主としたサークルが継続的に運営されていくなんて、なかなか大変なコト。

いやいや、無理でしょ。

だってヒッチハイクだよ、本当に車が止まってくれるの?

怖くないの?

てか、サークルでやる必要ある?

そんな声もちらほら。

まさか、その後20年経っても元気に活動しているだなんて、誰が想像しただろう。

そりゃそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0005先日、ヒッチハイク部のりこみ隊創部20周年記念OB会が、誕生の地、松本で開催された。

もちろん、20年分、全世代の後輩たちが集まった訳ではない。

それでも、家族関係を含め60人を超える人数が一次会に集まった。

すげー。

Conv0012ホテルの広間を貸し切り、スクリーンや音響を利用したなかなかの規模。

懐かしい写真やら思い出話やら…。

そりゃ楽しくない訳がない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0010これまでも何代かが集まる小中規模のOB会は開催されてきたけど、現役生が参加するコトはなかった。

しかし今回は20周年記念というコトで、ボクたち初代メンバーから20代目の現役生まで、全世代を対象としたOB会。

Conv000620歳前後の現役生たちは、創部当時に誕生したって訳。

まさにのりこみベイビーたちだ。

そう考えると20年も一つのサークル活動が継続してるって、スゴいことなんだと実感させられる。

20年かぁ…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、実際に出会う前は、正直言って不安もあった。

もちろん緊張も。

20も歳が違う現役生たちと、話がかみ合うんだろうか。

現役生たちは、スマホでネットを駆使してるに決まってる。

スケッチブックにペンで行き先を書いていたのは昔の話で…

アイパッドに行き先を動画表示していたらどうしよう。

ま・つ・も・と・方面…の・せ・て~b(=゚ω゚=;)

…みたいな。

全員、茶髪、いや茶髪どころか赤や黄色の髪の毛だったらどうしよう。

ていうか~とか、まじウケる~とか、ウザい~とか、ディスる~とかばかり口にしてたら、笑顔で聞き流せるんだろうか。

いやいや、ボクは大先輩だ。

堂々としていなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいや、不安なのは現役生たちも同じだったに違いない。

ボクが話しかけると、超緊張顔の現役生たちだった。

そりゃそうだ。

自分が学生の頃、40前の先輩が登場したら…そりゃ恐縮したよなぁ(^_^.)

さらに、創始者「みんぺ~」という名前は一人歩きしてしまっていた様だ。

ボクらが昔書いた文章は、教科書の様に、代々読み継がれているらしい。

半ば都市伝説化していたボクの存在。

ボクが乾杯の挨拶をしている時、「本物だぁ~」とも聞こえてきた。

あちゃ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20年という年数の間に生じた、互いの不安や心配は全く不要だった。

Conv0004話してみると本当に気さくで良いコばかり。

髪の毛も皆、黒くて普通だった(笑)

ボクに対しても、「なーんだ、普通の人じゃん」って思ったに違いない。

久々にした「ヒッチハイク」の話は本当に楽しかった。

こんな車に乗せてもらいました!とか。

こんな人に出会いました!とか。

こんな話聞きました!とか。

相変わらず、スケッチブックにペンで行き先を書いて旅する後輩たち。

…20年前と変わらないじゃん。

ちなみに、もちろんスマホは持ってるけど、乗せてもらっている時はいじらない様にしているらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

創部当初の空気感が、20年経っても同じってのは嬉しい限りである。

安全に旅をするためのルール、ドライバーを不快にさせないためのルール、そして楽しくサークルを維持していくためのルール。

Conv0002時代に合わせ、進化しつつも、根底は代々受け継がれていた。

揃いのTシャツも、ある時からポロシャツへ、そして自由に色を選べる形態へと進化していた。

サークルは大学公認となり、顧問はのりこみ隊OBの大学職員だそうだ。

公認なので大学から活動費を貰っており、なんと部室も貰えるようになるかも…だって。

すげー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0001年々増え続けている後輩たちは本当に可愛いものだ。

「のりこみ隊」は、なんていうか…大きな家族みたいな感じ。

今となっては、ボクが知らない後輩だらけ、でも後輩たちは「みんぺ~」を知っている。

何だか不思議な感じだけど、ボクの居場所がそこにあった。

何代目ですか?が挨拶代わり。

「○代目」をパスポート代わりに、後輩たちが気軽に顔を出せる場であれば良いな、と思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今更ながら、良いサークルを作ったなぁ~と…しみじみ。

Conv0013先輩から後輩へ…を、20年間繰り返してきてくれた後輩たちに感謝したい。

ありがとう。

次回は25周年?30周年?

ボクは更におっさんになっちゃうし、本当のお父さんみたいに歳が離れていっちゃうなぁ。

Conv0007ま、いっか。

今回出席出来た後輩たちも、出席出来なかった後輩たちも、また会える日まで…元気でね~(*^-^)b

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓気が向いたらクリックよろしく↓

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 児童養護施設・乳児院へ
にほんブログ村

クリックで救える命がある。    

| | コメント (2)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »