« 一泊三日北海道旅行②~あれから20年~ | トップページ | 新宿区民マラソン~自己最速記録達成!?~ »

2015/01/09

一泊三日北海道旅行③~師弟と硝子吹き~

想定外の胃腸炎を患い、更新せずに年をまたいでしまったけれど、とりあえず昨年末の北海道旅行をまとめておこうと思う。

北海道旅行の序章、そして前編~あれから20年~はコチラ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食後、小樽では硝子吹きを体験。

硝子製品で有名な小樽観光の定番だ。

街の中心に工房は沢山あるのだけど、敢えて郊外の工房を事前に予約しておいた。

車で片道15分ほどかかる。

なんでそんな場所にしたかって?

比較的リーズナブルな製作費と…まぁ何となく…だ。

いや、元旅人である幹事の勘ってヤツ!?

浅原硝子製造所』という硬派な響きが堪らない。

朝ドラ「あまちゃん」の撮影でも使用されたという「浮き玉」を制作する、国内唯一の硝子工房であり、創業明治33年の老舗でもある。

「吹きガラス体験」という定番×定番ではない立地の工房=???

どうなる!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中心街からどんどん離れていき、同行メンバーたちが少し不安になっているのを感じつつ…

しかも一度通り過ぎてからまた戻って、ようやく工房があるはずの住所地に到着した。

え!?

ここ!?

内心不安になっていたけど、平然としているフリをしていた。

だってボクは幹事だから。

たとえ不安があっても、平然としてるのも幹事の役目である。

ここです!

ここで大丈夫ですよ!!!

何か不安でも?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

車を停めて…えぇーっと工房はどこだ…と

…え?

ビニールハウス?!

おっと…大丈夫か、ここ…?

幹事、不安になる。

超怖い職人さんだったらどうする?

車内でそんな話をしていたけど、登場したのは優しそうな草食系っぽいお兄さん(以下、草食兄さん)。

幹事、安心する。

受付や作りたいグラスのデザインなど、各自、あれこれ言いながら騒いでいると…

もう一人、迷彩柄のズボンを穿いた強面のお兄さん職人さん(以下、迷彩兄さん)…登場!

幹事、ビビる。

そして一同、顔を見合わせる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

迷彩兄さん×草食兄さん=???

どうなる!?

一人ひとり、順番に体験をしていくのだけど、一人目は上司である施設長。

その施設長が、迷彩兄さんに言われるがまま。

はい、こっち座って!

はい!

これ持って!

はい!

吹いて!

はい!

・・・(^_^.)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0029若干緊張感漂う師弟関係に気を使いつつも、肝心の硝子吹きやグラス作りは実に面白かった。

適度に自分でやっている感を味あわせてくれつつ、必要なフォローをしてくれるので失敗はしない。

Conv0013迷彩兄さんと草食兄さんのコンビネーションもバッチリだ。

そして二人して適当に褒めてくれるので何だか嬉しくなる。

口数多くなく口下手な人が、たまにボソッと褒めてくれるから余計に嬉しい。

褒めるって大切だね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

迷彩兄さんと草食兄さんは二人で飲みに行ったりするんだろうか。

おめぇな硝子ってのはさぁ…

まだまだおめぇも甘いんだよ。

今日の客にもさぁ…もうちょっとさぁ…

ところでおめぇの夢はなんだ?

そんな風に一方的に迷彩兄さんが語り、草食兄さんは優しく微笑みながら聞いているんだろう。

いつかは独立を夢見てるに違いない。

…よし、もう一軒行くぞ。

は、はい!

まぁ完全に妄想だけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0014それにしても、アツアツどろどろの赤い液体がだんだんと固まっていく過程。

実に神秘的で、時に神々しくも見える。

口下手だけど、実は優しい迷彩兄さんの技は確かだ。

迷彩兄さんには負けるけど、草食兄さんもミスはなく、丁寧な作業をする。

Conv0015窯の火を消すのは年に一度だけで、あとはずっと1000度を超す高温状態にあるらしい。

なんかすごい。

そんな高温の液体硝子からグラスを作るので、その日に完成品を持ち帰るって訳にはいかない。

じっくり時間をかけて冷やしていくのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0033後日、郵送されてきたグラス。

ただの水を入れて飲むだけで元気が出そうなパッションオレンジグラス。

満足満足~(*^。^*)

色はもちろん、形、細工、ひびや泡の入れ加減…など可能な限り希望を聞き入れてくれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0032ビニールハウス内で、師弟と共に作る世界で一つだけのグラスは、旅の良い思い出になるコト間違いなし!!!

予算は色々オーダーメイドすると2,500円前後+郵送料。

所要時間は一人15分くらい。

思い出が形にも残るこの体験はお勧めです!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

小樽で硝子製品を販売している定番と言えば「北一硝子」。

体験してから店頭の製品を見ると、また違った見方が出来るのでそういう意味でもお勧め!

手作業なのか大量生産されたのかは一目瞭然!!!

お、このグラス、いい仕事してるねぇ~とかつぶやけます(*^。^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓気が向いたらクリックよろしく↓

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 児童養護施設・乳児院へ
にほんブログ村

クリックで救える命がある。          

|

« 一泊三日北海道旅行②~あれから20年~ | トップページ | 新宿区民マラソン~自己最速記録達成!?~ »

職員旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一泊三日北海道旅行②~あれから20年~ | トップページ | 新宿区民マラソン~自己最速記録達成!?~ »