« 方言と実家とサイドカー | トップページ | ご当地ヒーローがスゴい~テックレンジャー~ »

2013/05/08

日本一の桜とプロフェッショナル

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を観た。

Conv0025 第199回放送「桜よ、永遠に美しく咲け」は、樹木医である小林勝さんと、樹齢130年、国内最古のソメイヨシノとの命の物語。

舞台はわが故郷、青森県弘前市の「弘前公園」である。

そりゃ観ない訳にはいかないだろう。

番組に注目していた県出身者、現在住者も多かった様だ。

番組内容の詳細については、番組HPを参照してもらいたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、青森県民はとにかく桜が大好きだ。

花見に費やす時間が全国一だというデータもある。

そんな青森県民の中でも、特に、弘前市を中心とした津軽地方に住む人々「津軽衆」は桜を愛してやまない。

日中から晩まで、ともすればそのまま夜通し桜の木の下で酒を飲む人々。

そんな花見の良席を確保するため、早朝から場所取りのためにシートを敷いて待つ人。

あり得ない位に立ち並ぶ露店、出店の数。

お化け屋敷、バイクサーカスなど巨大な期間限定の大規模アトラクション。

GW頃に満開となるため、全国から押し寄せる観光客。

桜を待ち望み、桜の開花を喜ぶ津軽衆たちの想いや気合いがとにかくすさまじい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住んでいた当時は当たり前だったそのスケールが、実は特別だってコト、故郷を離れて初めて知った。

今から20年近く前、進学のため、初めて信州、松本にやってきた時のコト。

松本城でクラスの花見をやると知り、開始の何時間も前にブルーシート持参で行ったが、そんな風に場所取りをしている人なんてボク一人だった記憶がある。

花見はボクに任せろっ・・・・

ぽつーーーーーん(*_*)

信州にも桜の名所は数多くあるけれど、弘前公園のそれとはやはりスケールが違う。

桜に対する想いや気合いもやはり違う。

いや、津軽衆が異常なのかも…(^_^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弘前公園の敷地内には2600本の桜があり、その全ての管理、剪定を行っているのが物語の主役小林さん。

あの美しい桜の裏に、そんな苦労や努力があったなんて知らなかった。

桜を想う姿勢はまさにプロフェッショナル、そして典型的な津軽衆。

職人気質で、こだわりが強い。

いわゆる頑固な人が多い。

津軽衆の多くは、不器用で口下手で照れ屋だ。

東京からのカメラが回っているとなると、普段以上にしゃべられなくなる。

津軽衆同士だとあんなにしゃべるのに(笑)

打ち解けてしまえば実は優しい、そしてアツい津軽衆。

典型的津軽衆である小林さんも口数こそ多くないが、そのひたむきな姿勢や、発する一言一言が、ボクの心にビシバシと響いた。

トラブル処理に追われた連チャン夜勤で心身疲れ果てていた、ボクの心に優しく響いた。

気がつくと、涙を流しながら番組に見入っていたボク。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弘前は故郷だけど、ボクには津軽衆の血が流れていない。

弘前がボクの人としての土台を築いてくれたけど、既に弘前を離れてからの時間の方が長くなってしまった。

前回書いた通り、普段のボクの会話はすっかり「飯田弁」。

たまに帰省した時は、実に中途半端な「津軽弁」、てか、年々エスカレートConv0028していく友達のハード津軽弁を聞き取れないコトも少なくない(苦笑)。

諸事情により、弘前に帰れるのは数年に一度のペースになっている。

何年か前、桜を観るために帰省した時は、見事に開花前だった。

Conv0024あんなに当たり前の存在だった津軽の桜が、今はお金と運がないと観れない存在になってしまったという訳だ。

弘前公園の桜は、今まさに満開らしい。

あぁ観たい、心の底から津軽の桜を観たい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

番組を観ながら、ボクはつくづく思った。

なんてステキな土地で生活していたんだろう。

なんてステキな人々に囲まれていたんだろう。

なんてステキな桜が身近に咲いていたんだろう。

Conv0027ボクには津軽衆の血が流れていないけど、津軽で育った津軽衆としての誇りは持っている。

本物の津軽衆には勝てないだろうけど、仕事に対してもこだわりを持ってConv0026いるつもりだ。

子どもの未来のために、正解なのかは分からないけれど、必死に考え抜いて行動しているつもりだ。

Conv0023日本一なんて偉そうなコトは言えないけれど、一生懸命に仕事をしているつもりだ。

いつ咲いてくれるか分からない桜に向き合う日々。

これからもプロフェッショナルとして、逃げずに子どもと向き合おうと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本一の桜が咲く街や人に、ボクは育ててもらった。

誇れる故郷を持っているボクは幸せだ。

Conv0029 満開の津軽の桜に再会出来るのはいつになるか分からないけれど、そんな日を想い浮かべただけで涙が流れてくる。

津軽のみんなっ!

Conv0030 津軽の桜は日本一…なかなか帰れないわぁの分まで、桜の木の下で飲んでけー☆

当たり前に咲いているその桜、スゲーんだはんで☆

よし、明日からまた頑張ろっと。

信州に津軽の桜を咲かせよう…そんな心意気でヽ(´▽`)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓気が向いたらクリックよろしく↓

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 児童養護施設・乳児院へ
にほんブログ村

クリックで救える命がある。

|

« 方言と実家とサイドカー | トップページ | ご当地ヒーローがスゴい~テックレンジャー~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 方言と実家とサイドカー | トップページ | ご当地ヒーローがスゴい~テックレンジャー~ »