« 諏訪湖を走る! | トップページ | 伝統の一品 »

2011/12/07

優しいりんご

この時期、沢山の喪中ハガキがポストに届く。

大抵は、おじいちゃんやおばぁちゃんの訃報を知らせる便り。

先日、同じように一通の喪中ハガキが届いた。

何だかちょっと可愛いデザインのハガキ。

Conv0012それは、親友と呼べる仲間の娘が、旅立ったコトを知らせる便りだった。

結局、一度も会えなかったけど、そのコが病室で駆け抜けた数年間を想うと、涙が溢れた。

職場に向かう自転車をこぎながら、涙が溢れた。

友を想って涙を流すのは、あの時以来。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼が、その嫁さんが、娘の存在をどう受け止め、どう見守り、どう見送ったのか。

結局、彼に直接、娘のコトを聞かなかった。

いや、聞けなかった。

訃報についても知らなくて、今回の便りで知った。

弘前城の桜がこれから満開になる、そんな時期のお別れだったに違いない。

半年以上も前に旅立っていたのに、全然知らなかった自分が悔しかった。

ごめん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

娘が産まれた一年後、彼は突然、飯田に車でやってきた。

今から2年ちょっと前の話。

夏になると夜通し走ってボクに会いに来る、彼にはそんな癖がある。

もう何度、そうやって青森から会いに来てくれたコトか。

幸せなコトだと思う。

久々に再会した彼と飯田駅前の居酒屋で飲んだ。

父となった彼と初めて飲んだ。

何を語り合ったかなんて覚えていない。

でも、何となく覚えているコトがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人として、何だか優しくなった気がした。

男として、何だかカッコよくなった気がした。

父として、何だか大きくなった気がした。

その時、もちろんそんなコトは気恥かしくて伝えなかったけど、きっと娘の存在が彼をそうさせたんだと思う。

高校生だった頃と変わらず、不器用で乱暴で毒舌な彼は、会うといつも、ふざけながらけっこうな勢いで殴ってくる。

正直言って痛いから止めて欲しい。

でも、今となっては数年に一度会えるか会えないかだから、まぁいっかと思える。

むしろ、これからも変わらないでいて欲しいと思ってる。

いや、やっぱ痛いから止めて欲しい(^_^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何だかんだで20年位の付き合いになる彼。

縁あって、同じ長野県で大学生活を送った。

ボクとは、合うんだか合わないんだか良く分からない。

ボクとは趣味も価値観も全然違う。

でも何かがボクと確実に同じな気がする。

じゃないと、帰省する度、吐くまで飲みたいとは思わないだろう。

何が同じかなんてどうだって良い。

そんな彼とは、この先もずっと親友として、付き合いは続いていくに違いない。

数年に一回しか会えなくたって、普段は滅多に連絡を取り合わなくたって、今となってはそんなコトはどうだって良い。

おっさんになっても続いてるの「親友」なんて、きっとそんなもんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼は今、自分で手に入れた畑で、りんごを作っている。

再会する度に太くなっていく腕を目にする度、彼の日々の苦労が伝わる。

再会する度にデカくなっていく腹を目にする度、自分を見ている様で心配になる。

今年はあまり採れなかったみたいだけど、それでもボクに送ってくれた。

この時期になると、そうやってボクに青森のりんごを送ってくれる彼。

汗水流して一生懸命育てた、りんごをありがとう。

Conv0014 箱を開けた時に広がる故郷の香りが、いつもボクを、堪らなく癒してくれる。

今回のりんごは、あのハガキの後に届いたから、箱を開けて香りを嗅いだだけで涙が溢れた。

優しい気持ちになれた。

Conv0016 信州のりんごも美味しいけど、やっぱりボクは青森のりんごが好きだ。

そう思わせてくれた。

ヒサップル、サイコー!(^^)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何も出来ないけれど、本当に何も出来ないけれど、遠い信州の地から娘の冥福を祈っています。

天国から不器用な父ちゃんを見守ってあげて下さい。

そして、お姉ちゃんの分まで、弟クンが元気に、幸せに、やんちゃに育ちますように。

お姉ちゃんの分まで、両親に沢山の迷惑と心配をかけ、沢山愛してもらえますように。

お父さんの親友のおじちゃんは、遠くからいつも応援しています。

では、また会える日まで!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓気が向いたらクリックよろしく↓

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 児童養護施設・乳児院へ
にほんブログ村

クリックで救える命がある。

|

« 諏訪湖を走る! | トップページ | 伝統の一品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
久しぶりに開いたブログを読んで、偶然今日届いた母からの信州りんごを見つめちゃいました。
今年は本当にいろんなことがあった年で、
「生きる」ことについて真剣に向き合った年でもありました。来年には、私も母になります。
私も溢れんばかりの愛情で大切に命を育みたいと思っています。美味しい信州りんご、ちょっと甘酸っぱい青森りんご、どちらも大好きです
☆☆

投稿: モリュウ☆ | 2011/12/08 20時23分

最近、体調不良だってブログに書いてたから心配してたけど、そういうコトか

この大変な年に身ごもった命、何か特別なものを感じるよね。

母子ともに健康でありますように。

投稿: みん | 2011/12/12 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 諏訪湖を走る! | トップページ | 伝統の一品 »