« 女優デビュー | トップページ | 親父の告白 »

2011/03/21

大丈夫

あの日、あの時、ボクは職場にいた。

随分長い間揺れたけど、飯田の震度は3。

あれほどの地震だったなんて思いもしなかった。

児相職員との話し合い中、携帯に一通のメール。

誰にもバレないように、チラッと内容を確認したら、大阪に住む弟からだった。

『東北大地震。

大津波で町を飲みこむ映像が流れています。

現実には思えません。』

東北?

大津波?

町を飲みこむ?

不安感が頭の中をグルグルと廻った。

東北にはボクの両親をはじめ、大切な人が沢山住んでいる。

終了後、職場のテレビをつけたら、繰り返し流されるあの津波の映像。

ボクは言葉を失った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれから10日が経った。

青森に住む両親、友人、そして関東、東北各地に住む親戚、友人らが皆、無事であったコトにホッとしている。

長野県北部でも地震があったので、沢山の心配メールを頂いたけど、南部に住む我が家は全く被害なく、皆、元気です。

職場のコたちも皆、元気。

「ウザい」「死にたい」「死ね」が口癖の女の子二人が、誰よりも地震を怖がり、あの日から避難袋を身近に置いて過ごしている。

袋と新聞紙を使った非常用トイレを、子ども達と作り始めているのだけど、輪の中にその二人もいた。

そんな姿を見て、施設で暮らす子ども達を守ってあげなくちゃなと思った。

いざという時に頼るべき親に、頼れない。

そんなコが沢山いるんだから。

職場の防災係として、施設の備品や対策を見直している最中だ。

この数年間で随分、対策を練ってきたつもりだけど、まだまだ改善の余地はあるんだって実感させられた。

「今だから」ではなく、日常から防災対策を徹底し直そうと思う。

今回、被災地となった県、地域にも児童養護施設は沢山ある。

様々な形で負った傷が、一日でも早く癒されるコトを願ってやまない。

同業者として、そして東北人として。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクが実家を出て数年後に、両親が飼い始めた熱帯魚がいる。

白くて大きなエンゼルフィッシュ。

小さめの水槽に一匹、優雅に泳ぐ姿が印象的だった。

そらちゃんも、実家に行く度に、エサをやるのを楽しみにしていた。

大切に育てられていた、そんなエンゼルフィッシュ。

Conv0005 今回の地震による計画停電の影響で、死んでしまったらしい。

15年も生きたのに。

知らせを受けて、そらちゃんは声を出して泣いた。

漠然とした不安感の中で、無意識に不安定になっているのかもしれない。

物資が不足する実家でペットの死を残念がる両親のコトを想うと、寂しい気持ちがこみ上げてくる。

でも被災地では、比べ物にならない位に辛い別れが、日常の中にあるんだろう。

被災地での沢山の別れを想うと胸が詰まる。

復興が進んでいるとは言え、まだ「希望」を持って歩み始める気になれない人が沢山いるはずだ。

被災していないボクたちが悲観してばかりいたり、不安に想ってばかりいても仕方ない。

出来るコトをしようと思う。

もちろん東海地震の危険区域で生活するボクたちにとって、明日は我が身でもある訳で、決して他人事なんかじゃない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0002 最近、手先や道具を使った遊びを好むコウくん(1歳7か月)。

毎日、着実に成長している。

Conv0001もちろん地震のコトなんか何も知らない。

「遊ぶ」「寝る」「食べる」に、日々、全力を注ぎながら生きている。

Conv0004相変わらずの全力少年。

地震翌日だって、いつも通り、そら姉ちゃんのパンツをはいて遊んでた。

当たり前だけど、完全に空気を読んでいない。

パンツをはいてる場合じゃないだろ~(+o+)

Conv0007でも、そんなコウくんを見ているだけで、ボクは前向きな気持ちになれた。

悲しくて不安な空気を読む必要なんてない。

相変わらずの毎日を元気に過ごしていてくれる。

それだけで十分だ。

Conv0006 家でも職場でも、ボクは、子どもの前では「普通」でいようと思っている。

落ち着いて「大丈夫」って言ってあげようと思う。

それが今、ボクに出来るコト。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東北の春は遅い。

でも必ず来る。

東北の持つ温かさと底力ってすごいんだから。

だから大丈夫。

きっと大丈夫。

がんばろう東北。

もちろん関東地方の被災地のコトも忘れていません。

茨城はかつてボクが幼少時代を過ごした地。

そして茨城には、今現在も不便な生活で頑張っている従姉家族がいる。

がんばろう関東。

一日でも早く被災地が復興するコト。

悲しみを乗り越えた笑顔が一つでも多く生まれるコト。

信州の地より祈っています。

がんばろう日本。

|

« 女優デビュー | トップページ | 親父の告白 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメント見て、さっそくブログ読みました。
私も迷ったけど、書いた。
伝えたいコトに愛情があると、判断したので(笑)
そしてみんぺいのブログにも、愛情がこもってたね^^
きっと読んだだけで励まされる人がたくさんいると思います。

投稿: chunzamurai | 2011/03/21 12時11分

ブログやってると、全く触れない訳にもいかないし、かと言って軽く書けるもんじゃないし、沢山のコトを感じ、想いすぎて、どうまとめたら良いか分からなかった。
でも、被災地や故郷を想う気持ち、応援する気持ちは残したかった。そんな感じ(^_^;)
誰かに届けば嬉しいです。

投稿: みん | 2011/03/22 14時58分

ブログに載せてくれてありがとう。まだまだ余震の続く生活ですが、水がだいぶ復旧し、ガソリンも入ってきたようで、光が感じられます。つながっていること、気に掛けていただけること、大変さや心痛を共有してくれること、その気持ちが今の生活の支えになっています!本当にありがとう!

投稿: 従姉より | 2011/03/22 23時31分

さっき、ちょうど大丈夫か話していたとこでした。
まだまだ不安で不便な生活なんですね。

郵便事情はどうですか?

投稿: みん | 2011/03/22 23時49分

信州からの祈りを、確かに受取りました。
震度7なんて、私も体験したことがなかったけど、
この先の人生はもう何があっても乗り切れるって思えました。岩手県民として、日本人として頑張ります。

投稿: モリュウ☆ | 2011/03/29 11時24分

もりゅうちゃんのブログも読んでるよ。

震災を前向きにとらえていること、そればかりじゃないとは思うけど、でも応援しています。

がんばろう。

投稿: みん | 2011/04/02 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女優デビュー | トップページ | 親父の告白 »