« 鬼VS涙のヒーロー | トップページ | デビュー作 »

2011/02/09

世界一美味しいスナック菓子?!

たまには家族にも仕事にも関係のない、どうでも良い話を。

本当にどうでも良いと思うのだけど、ボクには愛してやまないお菓子がある。

10年ちょっと前、ボクは世界一周の旅に出て、世界各地のB級グルメ、そしてスナック菓子を口にした。

そんなボクには、世界で一番美味しいと思うスナック菓子がある。

しかも日本に。

残念ながら、コンソメパンチではない。

もっと無名で地味で、だけど昔から全然変わらないデザインと素朴な味。

時代やニーズに合わせて、沢山の新味が登場している「うまい棒」とは違う。

「変わらない」ってスバラシイ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクがそのスナック菓子に出会ったのは小学生の頃。

実家がある青森県弘前市には、当時、沢山の駄菓子屋さんがあった。

市内の小中高校、各校に最低一軒は駄菓子屋があったと思う。

学校帰りの買い食いは日常茶飯事、遠足のお菓子だって駄菓子屋で買った。

ビックリマンチョコを見つけるべく、一日かけて市内中の駄菓子屋を自転車で巡ったコトもある。

学校も下校途中の買い食いを黙認していたんだろう。

とにかく各学校時代の思い出の一部に、それぞれの駄菓子屋がある。

コンビニもあったけど、今ほど沢山無かったんだと思う。

コンビニより高くて不便で狭くて非合理的で、店員なんておばちゃん一人の駄菓子屋。

でもボクは駄菓子屋が大好きだった。

昨年の帰省の際、思い出の駄菓子屋全てが既に閉店していたコトを知り、悲しくなったけど、きっと今の時代には合わない、ただそれだけなんだろう。

当時、駄菓子屋にいた「ばっちゃ」と言われた年配のおばちゃん達は、既に良い歳のおばぁちゃんに、または他界されているに違いない。

「変わらない」って本当に大変なコトなんだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、冒頭にも書いたけど、そんな駄菓子屋と共に思い出され、ボクがこよなく愛したスナック菓子がある。

中学生の頃は好き過ぎて、ジャンバーのポケットに沢山ストックして、食べながら帰ったコトもある。

スナック菓子好きなボクの原点でもあるのだ。

近頃はなかなか見かけないそのスナック菓子。

昨年末、デパートの特設コーナーで再会したので、大人買いし、その週のうちに全て食べ終えた。

一袋20円、当時と同じ値段だなんて奇跡としか言いようがない。

20年以上、値段が変わらないお菓子なんてそう多くはないはずだ。

内容量はきっと少なくなったんだろうけど、味は当時のまま。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな世界で一番美味しいスナック菓子(完全に主観です)がコレ。

Conv0009「玉葱太郎さん」じゃなくて「玉葱さん太郎」。

名前の間に「さん」を付けちゃうなんて斬新すぎる。

飽きのこない素朴な味、ちょうど良い大きさ、安さ、軽い歯ごたえ、オシャレな?デザイン、袋の裏に書かれた意味不明な文章。

Conv0011相変わらず全てが完ぺきで、完ぺきだからこそ「変わらない」。

ちなみに「キャベツ太郎」というのもあって、そっちの方がたまに見かけるから有名なのかも。

でも味が妙に濃いし、歯に青ノリが付くし、何より「さん」が付いてない。

断然、玉葱さん太郎がお勧めです。

世界で一番美味しいスナック菓子「玉葱さん太郎」。

ぜひ一度ご賞味あれ。

しつこい様だけど、完全にボクの主観なのでご了承下さいませ(^_^;)

あっ・・・今はネットで大人買い出来るんですね。

送料込だとけっこうな値段になるけど(^_^;)⇒コチラ

|

« 鬼VS涙のヒーロー | トップページ | デビュー作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ウィキ調べたら他にもこんなにあるんだって!!!

酢だこさん太郎
蒲焼さん太郎
石焼きビビンバ太郎
のし梅さん太郎
わさびのり太郎
お好み焼さん太郎
焼肉さん太郎
甘いか太郎(キムチ味&明太風味)*(大&小)
のしいか太郎
いか太郎
キャベツ太郎(大&小)
玉葱さん太郎(大&小)
もろこし輪太郎(大&小)
肉じゃが太郎

投稿: みん | 2011/02/09 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼VS涙のヒーロー | トップページ | デビュー作 »