« 職員旅行⑤~すごいよ五所川原編~ | トップページ | 梓川ハーフマラソン大会~二つの試練①~ »

2010/10/25

職員旅行⑥~青森には海もある編~

斜陽館から青森市までは意外に遠く1時間半ほどかかる。

後部座席で、スヤスヤと寝息を立てている同行メンバーたち。

昼を少し過ぎた頃、青森市街地に到着。

全てが予定通りだ。

さて、2日目の昼食場所に選んだのは『古川市場』。

新鮮な魚介類が並ぶ市場で、好きな具材を好きなだけ買って、その場でご飯に載せられる。

Conv0010そんな「のっけ丼」が観光客に人気の市場である。

まさに、自分の好みに合わせた究極のセルフ海鮮丼。

まずは、普通盛り(100円)か大盛り(150円)のご飯を購Conv0007入。

あとは、切り身になって並べられた刺身やイクラなんかを少しずつ買って載せてもらう。

頼めば、その場でもさばいてくれるから、そりゃもう新鮮プリップリ。

Conv0008 イクラ、イカ、ウニ、ボタンエビ、ホタテ、ハマチ、そして極めつけに大間のマグローーー!

計画性なく載せていったので、見た目は少し雑だけど、このボリュームで1300円。

スゴくないですか?

安くないですか?

美味そうじゃないですか?

ハイ、スゴいんです、安いんです、美味かったんです(*^_^*)

Conv0009海のない信州で育った同僚たちにも大好評。

信州人が旅行先で求めるのは、ずばり「海」と「魚介類」なのである。

この市場は、観光客が強制的に青森県民と、そして津軽弁と触れ合える場所としても貴重かも♪

県外者に対しては、人見知りで不器用でイマイチ押しが弱い・・・でも人が良くて優しい。

そんな市場のおじちゃん、おばちゃんと触れ合え、しかも極上の海鮮丼を格安で楽しめる・・・観光客にウケない訳がないでしょう。

古川市場の『のっけ丼』は始まったばかりのサービス。

全国的な知名度はまだまだだけど、今後は注目大の市場になるコト間違いなし♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お腹いっぱいになった後は少し歩きましょう・・・というコトで、お次は、青森駅裏へ。

Conv0025 そこには、青函連絡船として長く活躍した『八甲田丸』が常時停泊していて、船内を観覧できる。

広い船内を上下に歩き回るので、けっこうな運動量になるって訳。

Conv0011 さて、青函連絡船と言えば、青函トンネルの開通と共に廃航となったのだけれど、当時、小学校6年生だったボク。

修学旅行先の函館までは、往路が連絡船、復路が青函トンネル・・・そしてその年の終わりには連絡船が廃航に。

つまり、ボクは連絡船で修学旅行に行った最後の小学生なのである。

そんな思い出深い連絡船の中を見学。

ハッキリ言って当時の記憶は全くない。

函館までの間、どこでどうやって過ごしていたかの記憶もない。

Conv0020でもなんていうか、古き良き昭和の香りプンプンで懐かしい気持ちになる。

最終航行時の記録映像を観てたら、不覚にも涙がこぼれてしまった。

Conv0022船外からは「津軽海峡冬景色」がエンドレスで聴こえてくるので、つい口ずさんでしまう。

わーたしはーひとりーれんらくーせーんにのりーーーー♪

Conv0021_2老朽化が進み、つっこみ所が満載の船内。

触り放題、いじり放題、写真撮り放題の計器類。

360度見渡せる展望台はかつての煙突で、遠くには北Conv0023海道も見える。

「連絡船」に馴染みがある人もない人も、「昭和」が懐かしい人もそうでない人も、それなりに楽しめる場所です。

ただし、けっこう広いのでそれなりに歩く覚悟は必要だけど(^_^;)

あとは、天気が良い時に行った方がいいかなー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海つながりで、次は近くの「みちのく北方漁船博物館」へ。

道路、鉄道などの陸路輸送が発展する前、かつての日本では、航路輸送が主力だった。

そんな時代に活躍したのが、「北前船(きたまえふね)」と呼ばれる木造船

動力は風であり帆である。

Conv0027一大プロジェクトによって復元された「みちのく丸」が展示されているのだけど、実際に航行可能な「北前船」は世界でもココにしかない。

それだけなら「へーそうなんだー」で終わっちゃうはずだった、船に興味関心がないボク。

ところが、調べてみるとこの復元された「北前船」は、NHK大河ドラマ篤姫で使用されたコトが分かった。

覚悟を決めた篤姫が、船に乗って薩摩から江戸に向かう感動の名シーン。

それがこの「みちのく丸」であり、撮影場所も実は鹿児島ではなく、青森の陸奥湾だったと知り、興味深々となったボク。

篤姫を観ていた人にとっては、感慨深い気持ちになれる場所である。

展望台からは、青森市内や陸奥湾を一望できる。

Conv0026 それ以外は、ひたすら船船船、そして船が並ぶ館内なので、地味な印象は拭えない、てかイマイチ価値が分からない、よほどの船マニアでないと・・・といった感じ。

Conv0030ちなみに、屋外にはさり気なくJASの旅客機も展示されている。

内部を見学出来ると思っていたのに、今は立ち入り禁止。

うーん、一度行けば良いかなー・・・そんな場所でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、次が今回の旅行でのラスト観光地。

皆が体力的に大丈夫そうなら・・・と思っていた「三内丸山(さんないまるやま)遺跡」。

夕暮れ時、閉館まで少し時間があったので、サラッとお散歩して来よう、その位の気持ちで行くコトに。

とは言え、ここはすごい遺跡なのである。

今から約5500年前~4000年前、縄文人たちが定住していた遺跡で、歴史の教科書の記述を変えるほどの大発見となった遺跡なのである。

この遺跡は、ボクが高校3年生の時に発見された。

当初、野球場の建設予定地だったので、遺跡が発見された時には、客席なんかが既に造られていた。

建設工事が中断されたままの客席、無造作に掘られたあちこちの穴、整備されていない道、発掘作業のため歩き回る作業員たち。

まさに異空間だった。

よく分からないけど、凄い遺跡が発見されたんだ・・・そう強く感じた覚えがある。

その後、調査や発掘が進み、今ではすっかり整備されたキレイな遺跡になっている。

巨大な竪穴式住居や柱なんかも復元されていた。

Conv0033「1万年」という途方もなく長く続いた縄文時代に、長期間、北の果てで隆盛を極めた遺跡。

当時は海岸間近にあったらしいので、まさに北の果てというコトになる。

重機もない縄文時代に、どうやってこんな巨大な柱を立てたんだろう。

Conv0034日々、どんな生活を送り、どんなコトを考えていたんだろう。

冬の寒さをどうやってしのいでいたんだろう。

Conv0032・・・観光客もほとんどいない中、ボクは色々な思いを巡らせながら広い遺跡内を歩いた。

何だか贅沢な夕暮れ時の散歩。

そんな三内丸山遺跡は、なんと入場料無料!

縄文のロマンを感じられる広大な遺跡群に一度はぜひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・という訳で、自宅に着いたのは深夜0時近く。

出発が1日前の早朝4時半だったので、まさに2日間48時間をこれ以上ない位に使った今回の職員旅行。

限られた時間の中で、ボクが育った青森県の素晴らしさを伝えようと、練りに練った今回の職員旅行。

Conv0038 旅行の思い出がぎっしり詰まったフォトブックも予算内で作成し、皆に配布、おまけに残金まで返金出来た。

Conv0039念入りな情報収集、そして下見の甲斐もあって、全てが計画通り、いや、 計画以上に充実した2日間だったと自負している。

Conv0040今回の旅行を通して、このブログを通して、青森県の良さが少しでも伝わったのなら、幹事として、青森県出身者として幸せに想う。

12月にはいよいよ新幹線Conv0041が開通して、東京と3時間ちょっとで結ばれる青森。

青森って何があるの?

りんごとねぶただけ?

まぁ行ってみて下さいな(*^_^*)

|

« 職員旅行⑤~すごいよ五所川原編~ | トップページ | 梓川ハーフマラソン大会~二つの試練①~ »

職員旅行」カテゴリの記事

コメント

旅のしおりとフォトブックが民平らしいなぁと思いました。
中学校卒業の後?アルバム作ったの覚えてる?写真とか新聞の切り抜きとか貼っていって民平が見出しとか書いてるの!それを思い出しました。
青森なのに行ったことないとこばっかりだったので、今度帰った時にでも同じルートたどってみようかな。

投稿: chunzamurai | 2010/10/25 20時19分

アルバム???
全く記憶から消えているんだけど、それは今誰が持ってるの?

今回の職員旅行さ、ゆうの「青森に何しに来るのー?何もないじゃん」っていう函館での一言が色々調べる原動力になったんだよ♪

地元の人でも知らない青森の魅力を知ろう!と思ってさ。
ぜひ同じルートたどってみて。
お勧めだから(^-^)

投稿: みん | 2010/10/26 00時36分

まただー(笑)! 私が覚えてることは民平は覚えてない。民平が覚えてることは私は覚えてない

たぶん、卒業記念品かなにかで学校からもらった、赤いアルバムわかる? 貼りつけていくタイプの。私のアルバムに、私が持ってた写真を貼っていったんだよー。入学式のとか、遠足とか、修学旅行とか、部活のとか。でも書いてる字は今見ても民平なの! 
今もここに持ってるよー♪ 

投稿: chunzamurai | 2010/10/26 15時24分

えーーーー全く思いだせない!!!
気持ち良いくらい記憶から消えてるー。
写メ送って送ってー!

投稿: みん | 2010/10/27 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 職員旅行⑤~すごいよ五所川原編~ | トップページ | 梓川ハーフマラソン大会~二つの試練①~ »