« サンタさんへ | トップページ | 年の終わりと始まり »

2009/12/31

しあわせなみだ

気がつけば2009年も今日でおしまい。

最後は「涙」について書こうと思う。

ボクは、趣味が「泣くこと」と言っても過言じゃない程よく泣ける。

そんなボクの息子、コウくんもまたよく泣く。

赤ちゃんだから当たり前だけど。

Conv0024お腹すいた時、うんちやおしっこで気持ち悪い時。

何か不快な時。

眠い時。

お腹が空いた時。

仕事上、幼少時にそんな「泣く」という行為を親に押さえ込まれたり、無視され続けられたコトで、悲しい時に泣いたり、悲しい気持ちを上手に表現出来なくなってしまった子どもにも出会う。

そんな子どもがしっかり気持ちを表現出来るようになるには、大変な努力と時間がかかる。

だからこそ、我が子にはしっかり泣いて育って欲しいと思う。

涙を流して泣く、という最大限の意思表示を多いに使って欲しい。

人は涙を流しながら成長してくんだと思うから。

あまり泣きすぎると父ちゃんもママも困っちゃうけど(^_^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、悲しかったり怒ったり痛い涙じゃなくて、嬉し涙や他人の喜びや痛みに共感して流す涙って、いつから流せる様になったんだろう。

何だか熱くてジンワリジンワリと流れ落ちてくる。

そんな涙がボクは大好きだ。

「しあわせなみだ」

そんな涙のコトを、ボクは勝手にそう呼んでる。

そしたら先日、4歳のそらちゃんは、初めて「しあわせなみだ」を流した。

残念ながらボクはその場に居合わせなかったんだけど。

犬が主人公の映画で、最後に死んでしまう犬を悲しむ女の子の姿を見て、ボロボロと涙を流していたのだという。

犬が死んじゃって可愛そう・・・って言いながら。

ボクが知っている限り、そらちゃんが「しあわせなみだ」を流したのはこの時が初めて。

そらちゃんがまた一つ成長した瞬間だった。

自分が悲しくて涙を流すコトも大切だけど、人の喜びや痛みに共感して涙を流せるって素晴らしいコトだと思う。

Conv0013残すは嬉しくて流す「しあわせなみだ」。

自分のコトだって、他人のコトだって良い。

嬉しくて嬉しくて自然と流れてくる涙。

そらちゃんの、コウくんの、初めて流す「しあわせなみだ」を楽しみにしたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみにボクの母親は異常に涙もろい。

テレビでちょっと感動場面があれば、誰よりも先に泣いていた。

人の話を聞いているとすぐに共感し泣いていた。

ずっと昔はそんな母が嫌だった時もあったけれど、いつの日からか、ボクも同じ様にすぐに泣くようになった。

そして、そんな涙もろさは4兄弟全員に受け継がれた様である。

集まって酒を飲むと必ず誰かが泣いている。

弟が泣いていると、兄貴のボクも泣けてくる。

そんな姿を見て別の弟も泣く。

周りから見ると、きっと少し気持ち悪いんだろうけど、そんなコトは関係ない。

兄弟で「しあわせなみだ」を流し合えるなんて最高に幸せだ。

気持ちを涙を流しながら表現できるコト、他人の痛みを涙を流しながら共感できるコト。

母から受け継いだ、そんな大切な「涙もろさ」。

ボクたち息子が、母からもらった一番の宝物だと思っている。

そらちゃんやコウくんがそんな宝物を受け継いでくれていますように。

Conv0025二人には、「しあわせなみだ」を沢山流せるような人生を歩んで欲しいと思う。

そしてそんな姿を見て、ボクも「しあわせなみだ」を流せれば幸せだ。

2010年、嬉し涙を流すほどハッピーな出来事が、我が家にも皆さまにも起きますように・・・。

では良いお年を。

|

« サンタさんへ | トップページ | 年の終わりと始まり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンタさんへ | トップページ | 年の終わりと始まり »