« 職員旅行~北陸編①~ | トップページ | 職員旅行~北陸編③~ »

2009/11/26

職員旅行~北陸編②~

初日は飯田を朝6時に出発し、東名経由で福井市を目指すコトに。

所要時間は休憩時間入れて約3時間半、例のごとく、途中からパラパラと雨が降ってきた。

ボクが計画した旅行で雨が全く降らなかったコトはない・・・気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0002 福井市到着後、とりあえず「福井県立歴史博物館」を見学。

県立なだけあってかなり立派な施設、福井の産業の歴史はともかくとしConv0006て、後半の「昭和の町並みや生活を再現したコーナー」がアツい。

昔懐かしい風景、電化製品、おもちゃ、文房具等など、入 場料100円以上の価値は確実にあった。

Conv0045つっこみ所満載だし、色々な仕掛けに驚かされたり笑ったり・・・。

ただ、県外から観光に行って、敢えて立ち寄るべき場所かというと・・・うーん(^_^;)

Conv0009時間に余裕があって、昔を懐かしみたい昭和世代の方、「昭和なんて知らないよ」っていう平成世代の方にお勧めです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お次は、曹洞宗総本山「永平寺」へ。

行くからには何か貴重な体験を・・・と思い、写経体験を事前に申し込んでおいた。

時間ごとに定員が決められていて、事前予約が必要。

数日前に電話をしたら希望の10時半~は既に満員、なかなか人気がある様だ。

体験料は1000円で、所要時間は1時間くらい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0046 予約が取れた「12時~」の一時間ほど前に永平寺到着。

参拝後にお土産を買えば駐車代タダ・・・という仕組みらしく、道路わきで手招きする土産屋のおばちゃんおじちゃん達。

Conv0031少々うざったいが、手招きに従い、適当な店の駐車場に車を停め、永平寺を参拝するべく参道を上がり、本館へ。

そこにはボクの予想をはるかに超える規模の建物が待っていた。

Conv0023エレベーター完備、4階か5階建くらいの立派な施設。

参拝客、修行僧の数も半端ない。

平日でもそんな感じだったので、休日だとこんなもんじゃないんだろう。

受付を済ませ、本堂へたどり着くまでもけっこうな時間を要する。

Conv0032案内板に従いながら寺の中を歩き回るコト、トータル約40分。

とにかく広い建物内はまるで迷路。

信仰心に浅く、寺事情に詳しくないのでよく分からないけど、すごい寺だってのは理解できた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Conv0030一通り見学した後は、いよいよ写経体験。

受付を済ませた後、担当の修行僧に連れられ、写経部屋が並ぶ階へ。

広くて寒い板の間をイメージしていただけに、冷暖房完備の完全個室には少々面食らった。

Conv0026おまけに修行僧のお兄さんは、一通り説明した後、終わる頃にまた来ます・・・と言い残して退室して行った。

これもまた、ずっとお坊さんに見守られて緊張し続けるイメージだっただけに、拍子抜け。

Conv0025それでも写経には真剣に取り組んだ。

2種類のお経から一つを選び、薄い紙を上に載せて字をなぞっていく。

硯と墨と筆を使って字を書くなんていつ以来だろう。

Conv0029

今回、写経をしなければ、一生そんな機会もなかったかもしれない。

出来はともかくとして、なかなか貴重な体験となった。

お勧めです(*^_^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ修行に来て3カ月というお兄さんに、こそっと聞いてみた。

とにかく寒くて辛いらしく、正直、逃げ出したい・・・とのコト。

ただし、逃げ出しても門前町の人たちにすぐに通報され、連れ戻される・・・と小声で教えてくれた。

そんな修行僧のお兄さんにエールを送り、ボクたちは永平寺を後にした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お腹ペコペコのボクたちは、福井市内の回転寿司屋で昼食を取るコトに。

福井の回転寿司屋は、海沿いなだけあって、相当レベルが高い。

普通の寿司屋も色々探したけど、ココ!っていう店を探せず、結局、回転寿司屋にした。

評判高い「海鮮アトム」には以前寄ったコトがあったので、「高いが美味しい」という「くるくる寿司ほがらか亭」を今回は選んでみた。

Conv0033 値段はそれなりにするけど確かに美味い。

旬のネタも揃っていて、もちろん職人さんたちが握ってくれる寿司。

セイコガニ、焼きサバ、白エビ、焼きアナゴ・・・どれも美味しかった。

ただ、雰囲気や活気とか総合的に考えると、以前行った「海鮮アトム」の方が良かったかも。

まぁ同行メンバーの皆さんが美味しそうに食べてたから良かったけどね。

Conv0044ちなみに、女性メンバーのテンションが一番上がっていたのは「贅沢メロン」。

北海道産メロンにソフトクリームが載った、見た目も値段も贅沢な一品。

お値段なんと800円(+o+)

・・・って寿司じゃないし、福井関係ないし!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食を終えると、雨はいよいよ本降りに。

Conv0036 雨の中の東尋坊・・・考えただけでも最悪と思いながらも、とりあえず車を走らせる。

ダメ元で行ってみたものの、奇跡的に雨は上がり、キレイな夕日まで見るコトが出来た。

Conv0037 当然、海を前にテンションが上がる長野県出身の同行メンバーたち。

てか、一番テンション上がって跳び跳ねたり走り回ってたのは、ボクだったかも(^_^;)

Conv0035ただ、自殺の名所とも言われる東尋坊は、断崖絶壁というイメージがあったけど、そんなコトもなく、割と普通の景勝地だった。

とは言え、福井を観光するなら外せない場所だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな訳で、日も沈んだので、今回の宿泊地、金沢へ。

Conv0038宿泊先に選んだのは、金沢城公園沿い、兼六園も徒歩圏内という好立地の「金沢白鳥路ホテル」。

大正ロマンをテーマにしたこのホテルは、何から何までスConv0039_2テキ。

天然温泉もあり、デラックスな女性部屋も大好評だった。

チェーンのビジネスホテルとかよりは若干高いけど、泊まる価値あり、お勧めホテルです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕飯は地元で人気の「割烹居酒屋源左エ門」。

Conv0043 高級魚「のどぐろ」の焼き魚、刺身。

名前だけは聞いたコトはあったけれど、食べたのはもちろん初めて。

Conv0040濃厚で上品な白身は、生でも焼いても美味しい。

そして酒に合う。

ガス海老のかき揚げ。

Conv0041エビ好きのボクには堪らない。

サックサクで最高だった。

加賀レンコンのあんかけ団子。

Conv0042美味しくない訳がない。

その他、飲んで食べて、閉店までたっぷり楽しませて頂きました。

美味しい料理とお酒をご馳走さまでした!

こちらのお店もお勧めです(*^_^*)

美味しい料理を食べて、美味しいお酒を飲んで、キレイなホテルに泊まって・・・うーん大人の旅行ってサイコー♪

こうして金沢の夜は更けていくのであった・・・

職員旅行~北陸編③~へつづく。

|

« 職員旅行~北陸編①~ | トップページ | 職員旅行~北陸編③~ »

職員旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 職員旅行~北陸編①~ | トップページ | 職員旅行~北陸編③~ »