« 26日 | トップページ | 妻の出産を控え落ち着きのない男の話 »

2009/07/28

感動秘話

今回の出産に向けて一点だけ不安なコトがある。

嫁さんや赤ちゃんについては、病院に任せるので不安に思っても仕方ない。

近々、無事に産まれてくるコトだろう。

しかし心配なのは、ボクの体である。

そらちゃん出産の際、ボクの体では神秘的?な異変が起きた。

消えてしまった当時のHPにも書いたけど、知らない方の為に改めて書いておく。

予定日より2週間早く、超安産で産まれてきたそらちゃん。

当初の予定日になる頃には、嫁さんもボクもすっかり落ち着いていた。

まさか予定日にあんな大変なコトが起こるなんて・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当初予定日だった11月9日、嫁さんの実家に泊まっていたボク。

その夜、というか明け方3時くらい、ボクは刺すような痛みで目を覚ました。

トイレにこもったけど治らない。

正露丸を飲んだけど治らない。

湿布を貼ったけれど治らない。

温めてみたけど治らない。

気持ちの問題だと自分に言い聞かせてみたけど治らない。

これは夢だ!朝になったら治ってると思い、寝ようと思ったけど眠れない。

経験したコトのない痛みに、一人恐怖を感じるボク。

激しい痛みが波状的に襲ってきて、もはや限界を超えていた。

義父の車で病院の緊急外来に運んでもらうコトに。

病院に着いてからは、もはや歩けず車イスで移動。

人生初の車イスだった。

まさか子どもの生後2週間に父ちゃんが・・・そんな不安もよぎる。

成長していく娘の姿を見れないの!?

理由の分からない痛みって本当に怖い。

診察を受け、お尻に鎮痛剤を指してもらい、レントゲン撮影。

結果・・・尿路結石

腎臓で出来た石が、尿管内を傷つけながら膀胱に向かっていく際の痛みだったらしい。

薬とかは特に出ず、とにかく水分を沢山摂れば出てくると言われた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予定日より2週間早く、嫁さんはそらちゃんを産んだ。

予定日通りに、ボクは石を産んだ。

妻の出産の痛みを、男なりに共感してあげようという、奇跡の、いや愛に溢れた感動の秘話である。

今でこそ笑い話になるけれど、当時は半端ない痛みで、本当に死ぬかと思った。

さて、そこで心配なのは・・・今回も予定日に向けて、体内で石が作られていないかどうかってコト。

出産するのは嫁さんだけで良い。

父ちゃんのお腹にも赤ちゃんいるんだよ

なんてそらちゃんに言ってゴメンナサイ。

出産の痛みを一生懸命想像して、共感しようと努力するし、へその緒だって怖がらずにちゃんと切るので、どうか神様、ボクの体に石を作らないで下さい。

無事に出産の日、そして予定日を迎えられますように・・・。

|

« 26日 | トップページ | 妻の出産を控え落ち着きのない男の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みんぺーの体に異変が起きない事を願う!
それにしても毎日ドキドキそわそわだね。楽しみだね。俺も緊張してくるよ。

投稿: ボディ | 2009/07/30 07時55分

なんか仕事も忙しくてさ、公私ともに落ち着かない日々だよ。
ぜひ緊張をオレと分けあって

投稿: みん | 2009/07/30 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 26日 | トップページ | 妻の出産を控え落ち着きのない男の話 »