« 眉毛と耳毛 | トップページ | 美容院2 »

2007/11/04

美容院

こう見えて、ボクは昔から美容院に行っている。

昔と言っても、髪の毛を伸ばし始めた高校生以降の話。

前にも書いたけれど、中学までは親父がバリカンで刈ってくれていた。

何故、床屋でなくて美容院かって言うと、おしゃれ云々じゃなくて、床屋だと顔の毛を剃ったりして面倒臭いから。

顔の毛やヒゲを丁寧に剃ってもらったって、ボクの場合、翌日には元通り生えてきてしまう。

それに、あの床屋特有の男臭い香りが好きになれない。

だから床屋ではなくて、美容院に行く様になった。

新しい土地に住んでやっかいなのは、行きつけの美容院を見つけられるかってコト。

飯田に住んでからも、色々な美容院に行ってみた。

ボクは髪質がごわついているので、気が付くとよくオールバックみたいな髪型にされてしまう。

そういう美容院はダメ。

ボクは会話がないとけっこう気を使ってしまうので、気が付くと自分ばかり話してて、気疲れしてしまう。

そういう美容院もダメ。

自分の思った通りの髪形にしてくれて、安心して任せられる美容師さん。

会話に気を使うコトなく、自然なおしゃべりが楽しい美容師さん。

欲を言えば趣味があったり、おもしろいと思うコトのツボが合う美容師さん。

なかなか出会えないもんだけれど、5年位前、ボクは出会った。

当時、飯田市内にある某チェーン店で働いていたその人は、現在、独立して自分の店を持っている。

Conv200711040001日当たりが良くて、空が大きい場所に。

隣りの隣りの町なので、少し遠くなってしまったけれど、ボクは毎回、車を20分ほど走らせ、その美容院まで行っている。

技術面はもちろんのコト、数ヶ月に一度、お互いのバカ話をしながら髪を切ってもらう時間が楽しみだから。

今では父親の先輩として、色々アドバイスをくれたりもする。

一緒にボードしに行ったコトも。

きっとじいさんになっても、その人に切ってもらうんだろう。

もし耳毛が生えてきたら、その人に相談してみようかな・・・。

何はともあれ、行きつけの美容院があって、自分のコト、自分の髪のコトをよく知ってくれてる人がいる。

それは、この土地に自分の「居場所」があるってコト。

それは、幸せなコトだと、ボクは思う。

|

« 眉毛と耳毛 | トップページ | 美容院2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眉毛と耳毛 | トップページ | 美容院2 »