« 教会挙式 | トップページ | トイレからこんにちわ »

2007/05/24

彼の名は

それはそれは心温まるステキな挙式だった。

今でこそ、この時期は毎月、結婚式に出席しているボクだけど。

25歳の時、大学の同級生だった1歳年上の女の子に呼ばれた式が最初。

岡山県の山あいにある小さな小さな町。

そこで育った二人の結婚式。

その頃のボクは、一年間の旅から帰国したばかりで仕事も安定していなかったし、人生この先どうなるの??結婚ってなんだ???状態。

そんな時に見た、身近な友達の花嫁姿。

そして花嫁を支えていく誓いをする花婿。

何だかあまりに自分とかけ離れていて、夢の様な、非現実的な光景。

あまりに素敵で格好よくて羨ましく思えた。

結婚ってすげぇな・・・って。

二人はその後、二人の子どもに恵まれ、幸せに人生を歩んでいる。

さて、そんな結婚式の披露宴会場で流れたビデオレター。

そこに映った彼は、二人の幼馴染。

仕事が忙しくて駆けつけることが出来ないコトを謝り、二人へのお祝いの言葉を述べた。

独特の存在感、オーラはその頃から健在。

その前年にデビュー、仮面ライダーを演じ、子ども達や一部ファンにはよく知られた存在だった。

でも会場内のリアクションは今ひとつ。

彼をテレビで見て知っていたボクは、隣りに座る友達に彼を説明した。

その時は誰も思いもしなかったコトだろう。

本人すら思いもしなかったかもしれない。

こんなにも映画やドラマに引っ張りだこのスターになるなんて・・・。

あの美しい山あいの町で、自然と戯れながら育った幼少時代が、今の彼の土台になっているのかもしれない。

ボクは、これからもずっと彼を応援していくだろう。

一方的に親近感を覚え、一方的に身近に感じているだけの関係に過ぎないんだけれど。

今後、彼がますます活躍していくコトを願いたい。

彼の名はオダギリジョー

今やテレビで彼を見ない日はない。

|

« 教会挙式 | トップページ | トイレからこんにちわ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教会挙式 | トップページ | トイレからこんにちわ »