« 毎日満開の「ら」 | トップページ | タラちゃんの目 »

2007/04/12

世界一美味い果物

世界一美味い果物は何か、なんてボクには分からない。

人それぞれ、色んな嗜好もあるだろうし。

チリモヤ

Conv0002_13この不思議な響きの果物に出会ったのは8年ほど前、南米アンデス山脈の麓にある温泉で有名な小さな町にて。

温泉に入り終えたボクは、特にあてもなく小さな町を彷徨った。

その日は、暑い暑い一日、乾いた喉を潤したいな・・・と考えていた時に、小さなアイス屋さんを発見。

日本でも定番のアイスだけではなく、訳の分からない果物らしき名前がメニューに並んでいる。

せっかくだから知らない味にしようと、ボクは適当に頼んだ。

チリモヤ

きっとその何とも不思議な響きに惹かれたんだろう。

出来上がったアイスは実に美味かった。

どこかヨーグルトの様な酸味もある底抜けに甘いその味は、風呂上りのボクの舌を十分に満足させた。

その後、市場で「チリモヤ」を捜した。

姿形も分からないその果物を。

ようやく発見したその果物は、もちろん見たこともない緑色をしていてコブシ二つ程の大きさ。

とりあえず買って食べてみた。

大きめの種がゴツゴツ入っているその果物は、クリーミーかつ濃厚な甘さでとろけそうな食感。

日本のアケビにどこか似たその味は、強く印象に残った。

これはきっと世界一美味い果物に違いない・・・。

Conv0010_1 それ以降、ボクの舌の記憶から消えかけていた「チリモヤ」。

ところが先日、近所にあるスーパーの片隅の見切りコーナーに「チェリモヤ」という果物が、半額のシールを貼られて置かれるのを発見!

も、もしやキミは・・・?!

8年ぶりに再会したその姿を見ても、それが「チリモヤ」かどうか分からない位に、ボクの記憶からは消えかけていた。

Conv0004_9こ、これは運命だ、ボクが買わなきゃ誰がこんな訳の分からない果物買うんだ?!

見切り品コーナーに、しおれた野菜達と並べられたその姿には、切なさすら感じられる。

ごめんよ、日本人たちはキミの素晴らしさを知らないんだ。

ボクが救い出してあげる・・・。

きっとピーチ姫を救い出すマリオもこんな心境だったに違いない。

クッパ、いや嫁さんには絶対に美味いから大丈夫!と説得し、チリモヤ姫を買い物カゴに入れた。

定価は1個580円もする高級果物。

ホント、こんな果物を誰が買うんだろう。

でも世界一とも言えるその美味さには、580円なんて安いに違いない。

お金には代えられない味がある。

Conv0005_6家に帰り早速切ってみるが、予想外に硬い・・・。

あれ・・・?

キミはとろける程にクリーミーだったんじゃないの?

一抹の不安を抱きながらかじってみると、硬く味がない。

Conv0009_1不審そうな顔で見つめる嫁さんはボクのリアクションを見て、口にもしてくれない。

そらちゃんは一応、興味を示し、口にすものの・・・

何ですか?こりゃ。

ノーサンキュー♪

・・・とボクに返す。

そうか、これは熟していないんだ。

日に日に変色していく「チリモヤ」はそれから一週間ほど、台所に置かれた。

「ちゃんと食べるんだよね?」って嫁さんに何度か確認される。

Conv0007_2

←そしてこうなった。

正直、世界一の貫禄も魅力もそこにはない。

でも責任持ってボクは食べた。

食べにくいのでスプーンで食べた。

それなりに軟らかくなっていたし、それなりに甘い。

Conv0008_2そんなボクの様子を見て、そらちゃんも近づいてくる。

怪訝そうな顔して近づいてくる。

そらちゃんとボクで半分食べた。

嫁さんは一口だけ食べて、「好きな味じゃない」と一言。

まずくはないんだ・・・。

見切りで売ってたから食べ頃だと思い込んだのが間違いだったんだ・・・。

でも・・・人生には、開けなくても良い思い出の引き出しってあるんだね・・・。

少なくとも、ボクにとって世界一の果物は、「チリモヤ」ではなくなってしまった。

ん?

でも待てよ。

チリモヤ」は、アイスにすると世界一美味い果物に違いない・・・。

|

« 毎日満開の「ら」 | トップページ | タラちゃんの目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最初の写真、いいですね~。
南米ですか。2度と行けないだろうなぁ。。。
世界一の味を忘れる舌って・・・

投稿: しんじ | 2007/04/13 12時47分

最初の写真はセピアっぽく加工したんだけど、何か雰囲気ある写真になったよね。
そう、世界一を忘れる舌なんです・・・♪

ところでしんじって信司かい?!

投稿: みん | 2007/04/13 14時07分

はい。信司です。
セピアにしたおかげでどこかで見た記憶を
思い出させてくれていいです。
乾燥した空気、白く反射する山、青い空とか。
旅行行きたいなぁ。

投稿: しんじ | 2007/04/16 09時20分

やっぱ信司だったか。
ご無沙汰だけど元気かな?
セピアな写真が気持ちを高ぶらせていたなんて、行った人にしか分からないことだね。
また気が向いたらセピア写真使います。

てかこの前、N尾の式の時、藤沢に宿泊したよ。

投稿: みん | 2007/04/16 10時01分

N尾さん結婚してたんですね。知らなかった..
おめでとうございます(と、ここに書いてみるテスト)。
みんぺーさんが藤沢に来たときは埼玉に住んでたなぁ。
で、その後藤沢に戻って、今はトーキョーに住んでます。
次はどこ行かされるんだろ?

ちなみに写真の場所は知らんとです。

投稿: しんじ | 2007/04/20 09時23分

写真の場所は「逗子マリーナ」ってトコだよ。
それにしても鎌倉で食べた生しらすは美味かったなぁ。

投稿: みん | 2007/04/20 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日満開の「ら」 | トップページ | タラちゃんの目 »