« タラちゃんの目 | トップページ | いただきます »

2007/04/20

葉桜に想う

今日は休み。

でも、中学校の参観日に行ったり、小学校との懇談会があったりで、休みだか何だか分からない一日だった。

そんな今ひとつパッとしない日は、天気までも薄曇り。

市内はほとんど葉桜になってしまったし、街中が満開だった日々が随分と懐かしく思えてしまう。

おまけにそらちゃんも今朝から数日間、嫁さんの実家に帰っているので、家の中はひっそりと静まりかえっている。

たまにはちっともテンションが上がらないこんな日もある。

参観日からの帰り道、ふと上を見上げると、緑の中にポツンと桜の花が咲いていた。

とっくに満開は過ぎ去り、周りは皆散り終わって葉桜になっているのに、今まさに満開を迎えている桜。

地味で目立たないけれど、何だか健気に花を咲かせている。

誰にも注目されない中、たった一人で立派に花を咲かせている。

しばらくボクはそんな桜の花を見上げてた。

周りに流されず、自分のタイミングで花を咲かせる。

周りには追いつけず、でも少しずつ成長して、自分のタイミングで花を咲かせる。

同じだけお日様を浴びて、同じだけ栄養を取って、でも皆と一緒には咲けない花だってある。

派手には咲かず、地味にポツンと咲く花もある。

立派に咲いているのに誰にも気付いてもらえない花もある。

そんな花たちに気付く視点と心の余裕。

今の仕事をしていく上で大切なコトだなって思った。

目の前の子どもの指導に悩んだ時は、1年前の姿を思い浮かべるコトにしている。

1年前でダメなら、もっとずっと前の姿を思い浮かべてみる。

ゆっくりではあるけれど、それなりに成長しているものだし、咲いているコトを見落としてしまってる花だってあるはずだから。

咲く前の桜も、満開の桜も、散り終えた桜も、それぞれの良さが分かる大人でいたいものだ。

それにしても今年の桜は、ボクに色々と感じさせてくれる。

|

« タラちゃんの目 | トップページ | いただきます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タラちゃんの目 | トップページ | いただきます »