« 超大作!? | トップページ | 散歩教室 »

2007/01/11

ボクは思う~初夢と年賀状と明日の話~

ボクは人に夢の話をされるのが好きじゃない。

「夢」といっても寝てる時にみるやつのコト。

何で?っていうと、大抵どうだって良い話だし、何よりおもしろくないから・・・。

それを承知で敢えて、初夢の話をしよう。

元旦の朝は、先日書いた通り慌しい夜勤あけだったので、夢をみる余裕なんてなかった。

初夢は2日の朝、嫁さんの実家にて。

どんな夢かっていうと、中学時代の友人数名と何かの合唱コンクールに出場して「大地讃頌(だいちさんしょう)」を歌っているんだけど、ボクは歌詞を覚えていないから口パクで歌ってるフリをしてるって内容の夢。

で、すごくもどかしい気分になって、半分うなされながら目を覚ました。

実は、こんな内容の夢をみるのは初めてでなく、何故だかボクは「大地讃頌」を歌う夢をよくみる。

そのほとんどがすっきりしないモヤモヤとした夢。

「大地讃頌」は、中学時代の合唱コンクールの課題曲だった。

きっと中学時代に何か悔いや未練が残っているに違いない。

誰か夢占いとかに詳しい人がいたら、この夢が何を意味するのか教えて欲しいものだ。

ちなみに「大地讃頌」って曲は、7つの楽章からなる壮大なカンタータ『土の歌』、第7楽章らしい。

あの曲の前に6つの曲があったとは知らなかった。

しかも広島出身の作曲家作で反戦の想いが込められた曲だったとは。

当時は何も考えずに歌ってたなぁ・・・。

詳しくはコチラ

やっぱり、どうだって良い夢の話でゴメンナサイ。

夢ってのはたぶんオチがないからつまらないんだろう、とボクは思う。

07011100話は変わり、昨年、今年の年賀状には、「喜」「怒」「哀」「楽」という4つの表情のそらちゃんを登場させた。

昨年のは、生まれた翌日の空と生まれた時間をバックに。

病院の駐車場で撮った写真を使った。

父親が、子どものためにしてやれる最初の仕事は、生まれたその日の空の写真を撮るコト」って、半年ほど前に嫁さんが親友にもらった本に書かれてあった。

翌日の空ではあるけれど、撮っておいて良かったなと、ボクは思う。

07011101今年のは、南信州名物、干し柿の下を歩くそらちゃんをバックに。

秋になると、干し柿がそこら中の民家の軒下に下げられる・・・そんな南信州の風景がボクは好きなのである。

2枚を見比べると、0歳と1歳の顔の違いに驚かされる。

そして自分の娘ながら、その表情の豊かさに感心させられる。

昨年のは、正直、無理やり「喜怒哀楽」に見立てた感があるけど、最近は表情に喜怒哀楽がはっきり出るようになった。

おかげさまで、昨年、今年の共になかなかの反響である。

バカ親にはなりたくないが、親バカではいたいな、とボクは思う。

ちなみに、そんな年賀状を見て、昨年、とある後輩のお母さんが、「4つ子なんて大変だねぇ」と。

そして今年は、「4人も子どもがいるの?!」と言ったらしい。

本気なのか冗談なのか分からないけど、なんてステキなお母さんなんだろう、とボクは思う。

そんなお母さんのために?!来年もこのパターンを続けようか、それとも新たなデザインにしようか、心地良いプレッシャーを感じている。

明日はお休み。

家族でのんびり過ごそう。

特に予定もないけれど、明日もまた平凡で平和で温かな一日であって欲しい。

欲を言えば、晴れて散歩日和であって欲しい。

さらに欲を言えば、散歩先でそらちゃんの大好きな犬が通りかかって欲しい。

と、ボクは思う。

|

« 超大作!? | トップページ | 散歩教室 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みんみんもあの本読んでくれたんだ!ありがとう。私が読んだとき、1年前のそらちゃんの年賀状を思い出したよ。なんて、素敵な仕事なんだと思った。で、こーちゃんにも「撮ってね、絶対忘れないでね」って念押してあるよん(笑)
来年もぜひとも2歳になったそらちゃんの喜怒哀楽見たいなぁ!!
ちなみに、私は妊婦になってから毎日のように夢を見るんだけど、起きた瞬間忘れちゃって全然覚えてないんだよねぇ。。。

投稿: ゆっこ | 2007/01/12 20時39分

読んだよ~。
良い本だなぁって思ったからオレの親友にも贈らせてもらったよ♪

夢みないってのは熟睡できてるってコトだね♪でもそのうちに夢のような瞬間に出会えるね☆

投稿: みん | 2007/01/12 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボクは思う~初夢と年賀状と明日の話~:

« 超大作!? | トップページ | 散歩教室 »